むくみ取り情報局

むくみ取り・むくみ対策情報をご紹介

気づいたらぱんぱんになっていてデートやお出かけの時にショックを受けるむくみ。こちらのサイトではこのむくみ取りについて簡単にできる対策方法やいろんな人の実践を掲載しています。むくみやすい人は体質や食生活にも原因があるので、少しでもむくみ取りのヒントになればいいなぁと思います。

むくみ取りマッサージ

むくみ取りマッサージ突然ですが、やってきました!楽しい夏も到来間近な季節です。川辺でキャンプもいいし、お祭りで花火大会も何回行くことができるのか楽しみです。 っと、その前に、毎年同じような季節に気になるのが「むくみ取り」なんです。健康診査も毎年異常もなく健康体なんですが、ひとつ気になっていることがむくみやすい体質です。ちょっとむくんでいるかな?と思ったときに、両手をグー・パー・グーをしています。

指の関節なども少し腫れているかな?と思ったときは、たいていトイレ休憩に席を立っていなかったり我慢してしまった時なんです。 そんな時に、自分で気をつけていることは、「グーでぐりぐりマッサージ」をすることです。これ、結構効果があるので試してみてください!! まず、準備するもの。自分の両手です。

顔がむくんでいるかな?と思った日は、鏡に真正面に向かって、両手をグーして耳の下のリンパ腺から顎にかけて、上から下、下から上へと顎のラインに沿って往復マッサージをしてください。そのときに、頬から下もぐりぐりとマッサージしてください。

むくみって、水分がたまって膨れているから体や皮膚の内部の水気を飛ばす気持ちでグーでぐりぐりします。あら、不思議♪顎のラインがすっきりします。 次に、足(特に、膝から下)のふくらはぎもむくんでくると思います。私は、いすに座っている時間が同じ姿勢で同じような角度で文字の入力作業をしているので、どうしても膝から下の足がだるくなってきます。このときも、同じようにグーでぐりぐりマッサージをしています。足のほうがむくみやすいので、家に帰宅したらソファーの角に両足をのせて、血の巡りを逆転させています。足つぼマッサージもしています。 これら以外にも、半身浴や過度な水分を取りすぎない、辛いものや甘いものをとりすぎないことなど、特段のお金をかけずに心がけています。 それでは、むくみ取りの何かの参考になれば幸いです。

足がむくみやすい人の対策

足がむくみやすい人の対策体がむくむと太って見えるから本当に、嫌ですよね。体の中で一番むくみ易いのは、ズバリ足です。

一日中椅子に腰掛けて仕事をしているせいか、朝は緩かったブーツが帰る頃にはパンパンになっていたり、ソックスのゴムの跡が中々取れません。足のむくみがあまりにも気になったので、朝と夜のふくらはぎのサイズを測ってみました。そしたら朝よりも夜の方が、1cmも太くなっていたのでびっくりしました。職場の先輩に相談をしたら、足を自分の心臓よりも高くして休むと楽だよと言っていたので、私も自分の部屋でやってみました。

仰向けに寝て足を上に持ち上げ壁に掛けるだけで、本当に気持ちが良く足全体が軽くなって行くのが実感出来ました。逆さ自転車漕ぎも、お勧めです。夜寝る前に20~30回位するだけで、翌朝のふくらはぎがすっきりと細くなっています。あとは小まめに水を飲んでいます。水を飲むと利尿効果が高まりむくみが取れ易くなりますし、肌のキメが整い美肌にもなれます。

顔がむくみ易い部位

顔がむくみ易い部位私の体の中でむくみが一番気になる場所と言ったら、すばり顔です。顔がむくむと鏡を見るのが、凄く憂鬱になります。

頬やフェイスラインはパンパン腫れ、二重のラインも薄くなり、なんだかやる気の無い人に見えてしまいます。むくみの原因は、水分の取り過ぎだと思います。

夜水分を取り過ぎるとむくみ易くなるのは分かっているのですが、どうしても止められません。つい冷蔵庫の中に入っている清涼飲料水を、大量に飲んでしまいます。あとは首のシワ予防に枕をしないで寝る時も、顔がむくみます。対処法として食事の味付けは出来るだけ薄味にして、夕食後の水分はなるべく控えるようにしています。それと枕はあまり低すぎないものを、選んでいます。朝顔が浮腫んでしまったときの応急処置は、ヤーマンのプラチナゲルマニウムローラーがお勧めです。

むくみが気になる瞼や頬、フェイスラインを数分間ひたすらコロコロしていると、すっきりとした顔になってくれるので、助かっています。